ゴルフ始めました〜社長ブログ〜

まるゆう会

当社主催の第2回コンペ「まるゆう会」が6月2日に開催されました。

昨年の10月に開催した第1回目のコンペ、越前カントリー同様の5組でのスタートです。

 

少し湿度の高い曇り空でしたが、風の少ないゴルフ日和でした。

当日は大変混雑しており、ラウンド中の待ち時間が長く、全体にプレイ時間が

遅れながらも、あちこちで『おぉ~』『ナイスショット‼!』などの歓声が飛び交う、

大変楽しい一日となりました。

 

表彰式では、酒井棟梁が撮影してくれたプレー中の写真やムービーの上映会もあり、

また表彰式も爆笑の絶えない盛り上がりで終える事が出来ました。

 

「また、秋に段取りお願いしま~す」と何人かの声が聴けましたので

台風がおさまる頃を見計らって段取りをしたいと思います。


試打体験

ゴルフ仲間に連れられて、最新のドライバーの試打に!

 

2年前にゴルフクラブを初めて購入し、そのクラブの性能すら

感じることもない自分が試打をするなんて、おこがましく

恥ずかしい気持ちで某ゴルフショップに向かいました。

 

到着後、早速係の人がパソコンと計測器をセットし、最新ドライバーを

打たせてくれる準備が完了!

お任せで3種類ほど打たせて頂きました。

 

ネットに囲まれた試打場の中に入り、緊張のあまり体が強張る中

ドライバーショット!

パソコンに表示される玉筋は大きく左に曲がる…

続けて打っても大きく左へ。

店員さんも見かねて「このクラブは曲がりが出にくいクラブです」と

別のクラブを渡され打ってみる・・・やはり左へ…

 

ヘタクソは試打などしてはいけないのだと感じました。

 

最後に、現在使用している自分のクラブを打ってみる。

真っすぐ飛びましたcoldsweats02

お店の人も「なんだこいつは!」と思った事でしょう。


スコア派と技術派

私のゴルフ仲間の中には,ゴルフに対して

大きく二つの考え方に分かれます。

 

まずは、

『スコアが良ければ良いゴルフをしている』

人にはそれぞれ骨格や癖、体力に差が有り、

その人に合ったスイングをする。

みんなが同じスイングでなくてもよい。

所詮プロではないので楽しみながら

ゴルフスコアが良くなればいい。

 

もう一つは、

『きれいなスイングに良いスコアがついてくる』

誰しも格好悪いスイングでゴルフをしたく無い。

きれいなスイングには無駄が無く、

理想的な飛距離や方向性が安定して出せる。

 

う~ん・・・どっちもわかるな~think


気付く (後編)

打つ前はフラットに構えているはずが何故???

ゆっくり素振ってみる。

クラブを振り下ろしてくると大きく内側にグリップされた

左手が外側にねじれて行くではないか!

この時点でボールに当てる前に30度程のフックフェイスになっている。

?????さてどうすれば良いか。

左手の内側へのグリップを戻してみる。

なんと!ボールが右に出る!

 

理屈なスポーツだな~

 

これをしばらく続けてみるとしますか。


気付く (前編)

最近、ドライバーが大きく左に曲がっていく。

ネットを覗くと、悩んでいる方が相当多い「チーピン」と

言われているものらしい。

 

最初は、右に大きく曲がるスライスばかりでしたが

ゴルフをはじめて1年頃からチーピンが出始めました。

ネットでは対処方がズラズラ・・・出るわ出るわ・・・

しかし、イマイチ、ピンと来ない!

 

すると、原因がわかる動画を発見!

振り終わったクラブをそのままフィニッシュの位置から

頭上に上げ、スイカ割りの様に振り下ろし構えの位置に戻します。

そうすると「何という事でしょう(ビフォーアフター風)」

クラブヘッドが大きく斜め30度程のフック方向に向いているでは

有りませんか!

 

続く・・・

 

ちなみに、相方に説明したところちんぷんかんぷんの顔をしていました。



HOMEへ戻る